創業71年の老舗ふとん店 ピロー(枕)アドバイザー・羽毛診断士・機能性寝具アドバイザー・整体療法士・足つぼ療法士・機能性寝具研究会会員店
☎︎0120-827-164 ▶︎お問い合わせフォーム


年中無休・営業時間 10:00〜19:00

  PR動画をアップしました!

HOME > 睡眠コラム > 体温を上げるふとん

なぜ体温が低いとよくないのでしょうか?

免疫力が下がる

低体温は、実は自覚症状が少ないことが多く、女性の40%、男性は25%が低体温症との統計があります。

体温が下がる
  ▼
血流が悪くなる
  ▼
体内の異物を駆除してくれる白血球の動きが悪くなる
  ▼
ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなる

体温が1度下がるだけで、代謝が12%、免疫力が30%落ちると言われています。また、体温が35℃になるとガン細胞が活発になる環境になるという報告もあります。

美容の大敵 低体温

低体温になると…
細胞の働きが悪くなるので、早く老ける
基礎代謝が低下し、脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすくなる
血行も悪くなりむくむ
腰痛、月経痛や月経不順などの症状が起きる
などの症状を引き起こします。低体温は、実は健康だけでなく美容にまで影響してくるのです。
健全な体温の時は、免疫力も高く、肌のつやも良いそうです。
3~4日間、朝・昼・夜の体温を測ってみてください。そして、自分の体温の平均を取ってみましょう。 50年前の日本人の平均は36.89度。現在の平均は36.20度です。さて、あなたの平熱は何度ですか?

低体温の原因

低体温の原因は、主に生活習慣が問題と言われています。
季節はずれの野菜や果物の摂取
ダイエットや便秘
運動不足
喫煙
シャワーのみの入浴
夏のクーラー

体温を上げると…

基礎代謝が上がり、太りにくい体になる
ストレスに強く、病気になりにくい健康な体になる
新陳代謝が活性化し、細胞レベルから若々しくアンチエイジング効果
血行促進で血液量が増え、細胞に十分な酸素と栄養が供給される
骨そしょう症の予防になる
腸のぜん動運動が活発になり、便秘や大腸がんの予防になる
脳の血行がよくなり、記憶力低下や認知症の予防になる
体を冷やさないで温める生活をすることで免疫力が活性化します。生活習慣を改善し、体を外側から冷やさないを工夫をしましょう。




ではどうしたら、体温をあげられるのでしょうか?

体温を上げるワンエムフォー21の特殊機能

低線量の放射線を放出する天然鉱石を練り込んだ新技術を採用。岩盤浴で有名な玉川温泉同様のホルミシス効果で、体温が上がり免疫力がアップします。


イオンテスターが高い数値をマーク。ワンエムフォー21は室内のマイナスイオンを大幅にそう服します。


大阪府立大学 総合教育研究機構健康科学医学博士 清水 教永教授が21歳から56歳までの健康な女性14名と男性14名を対象に実験。ワンエムフォー21 掛けふとんと敷きふとんと、機能性のない普通の寝具で比較実験を行った結果で、その効果が実証されています。



寝具専門店   
エリアNO.1  アフターフォロー

☎︎0120-827-164


茨城県ひたちなか市大平1丁目5番13号
年中無休(1月1日〜3日は除く)・営業時間 10:00〜19:00
ピロー(枕)アドバイザー・羽毛診断士・機能性寝具アドバイザー・整体療法士・足つぼ療法士・アロマアドバイザー・機能性寝具研究会会員店

金利手数料・分割手数料 無料
月1,000円クレジットサービス