創業71年の老舗ふとん店 ピロー(枕)アドバイザー・羽毛診断士・機能性寝具アドバイザー・整体療法士・足つぼ療法士・機能性寝具研究会会員店
☎︎0120-827-164 ▶︎お問い合わせフォーム


年中無休・営業時間 10:00〜19:00

  PR動画をアップしました!

HOME > 睡眠コラム > 想像以上に汚れてる

日々のふとん干しでケア

おひさまに干したふとんは、本当に気持ちがいいですよね。
日光にあてることは、シンプルでどなたでもできる寝具ケア方法です。干す時間は、シーツや肌掛けなら1時間、敷き布団なら表と裏合わせて5時間ほど干すのが理想です。肌に触れる部分をしっかり乾燥させることがポイントです。
ただ、直射日光にはメリットとデメリットがあります。
熱や紫外線による乾燥や殺菌
寝具の側生地やカバーを傷める
ふとん干しの理想は、週に1回から2週に1回くらいです。


ふとんの湿度とダニ

起きたときの布団内部の湿度は80%近くあります。冬場でもコップ1杯の汗を吸い取っていると言われています。また、湿気が高いと生息しやすいのがダニ。ダニ生息数は「頭」側ほど多くなります。頭や首にかく汗や、口や鼻からの呼気でふとんが湿りやすいことが原因です。


干せない日が続くストレス

ふとん干しは天候に左右されるのが難点です。花粉症の時期、梅雨や台風、秋雨や曇天、雪など、ふとんを干せない天候が続いてしまうことがあります。また、共働きなどのライフスタイルによっても、ふとん干しが難しいことがあります。


まくらは想像以上に汚れています

まくらには、必ずカバーをかけ、カバーをこまめに洗濯することがもっとも大切です。首や後頭部にかく寝汗、呼気による湿気や無意識に垂れたヨダレといった水分は、枕の詰め物まで汚していることもぜひ覚えておいてください。

こまめな寝具ケアが、寝具を長持ちさせます

大切なのは、
・シーツ、布団カバーや枕カバーの洗濯
・ふとんを干す
といった無理なくできることの頻度を上げることです。
毎日ではなくていいので、繰り返し、何回も行って頂けばそれだけで寝具は快適なものとしてより長く使い続けることができます。一生の3分の1もの時間を過ごす空間ですので、ぜひ大切にケアをしてくださいね。

ふとん専門店の100円?!クリーニング


お買い上げいただいたふとんを、抗菌消臭マシンでリフレッシュさせていただきます。対象のお客様なら何度でも、おふとんをメンテナンス。こまめなお手入れが、寝具を長持ちさせるコツです。

通常2,000円相当のメンテナンスを100円でご提供します

サービス対象のお客様
当店で寝具をお買い上げのお客様(1回2,000円 → 100円)
ワンエムフォー21をお買い上げのお客様(1回2,000円 → 何度でも無料)



寝具専門店   
エリアNO.1  アフターフォロー

☎︎0120-827-164


茨城県ひたちなか市大平1丁目5番13号
年中無休(1月1日〜3日は除く)・営業時間 10:00〜19:00
ピロー(枕)アドバイザー・羽毛診断士・機能性寝具アドバイザー・整体療法士・足つぼ療法士・アロマアドバイザー・機能性寝具研究会会員店

金利手数料・分割手数料 無料
月1,000円クレジットサービス